トップ >> 不動産鑑定士の必要性

なぜ不動産鑑定士が必要なのか

不動産鑑定士とはなぜ必要なのかについて考えてみましょう。建物や土地というものは、スーパーやショッピングモールで売られている一般的な商品とは違って、世界でたったひとつのものなのです。そのため、いろいろな要因をからめて考える必要があるので、一般的な商品とは違って適正な価格をつけることが困難なのです。困難であっても、やはり不動産も売買される対象となるので、きちんと適した価格をつける必要があります。そのためこうした、適正な価格をつけるための要因が何なのかを把握していることや、評価の付け方はどんなものなのかを知っている専門家が必要なのです。

不動産鑑定士が必要とされるのは

不動産鑑定士が必要とされるのは、どんな時なのかといいますと、建物や土地が商品といて売買されたり、お金の代わりとしてやり取りされたりする時であります。例えば、不動産会社が建物や土地を売ったり、買ったりする場合です。この時によって、その建物や土地の価値や価格は変わってくるので、鑑定を受ける必要があるのです。官公庁が、国土を正当な利用の仕方をするためにも、建物や土地の価値や価格をはっきりさせておく必要があるため、ここでも鑑定士が必要となるのです。売買ややり取りの際に価値があいまいであると、不正をするような人が出てきてしまい、不公平が生まれるため、それを防ぐために鑑定士が必要となるのですね。

不動産鑑定士の仕事の情報