不動産の区分について

「不動産」にはいくつかに分類されます。種類とはいっても、正式な表現を使いますと、「種類」と「種別」のふたつに分かれます。まず「種別」についてお話しましょう。こちらは、その用途によって区分されるものであります。地域の種別は、住宅地域や商業地域、工業地域などの宅地地域、農地地域、林地地域に分かれます。そして今度は地域の種別ではなく、土地の種別は、宅地や農地、林地、見込地、移行地といったものに分けられます。次に、「種類」についてお話します。不動産をどのように利用するか、また、権利がどのような形でかかっているかで区分されるものです。この中でも宅地については更地、建付地、借地権、底地、区分地上権に分かれます。また建物とその敷地も、自用の物、借地の物、借地権付の建物の物に分かれます。

不動産の評価のつけ方

不動産は、法律のもとに行われた調査をされ、ある一定のヒントにもとづいて鑑定評価額をつけられます。これを鑑定評価といいます。建物や土地の価格をつけるための一定のヒントとは、その不動産の使い道や社会における役割、ほかと比べてどれくらいの希少価値があるかということ、そして需要などの3つの観点のことである。これは、社会現象のなかで相互的な関係のもとに存在し、時間の流れとともに常に変化するものです。また、建物や土地の価格をつけるための一定のヒントは、「一般的要因」「個別的要因」「地域要因」の3つに分けられます。なかでも一般的要因というものは社会、経済、行政、自然の動きの4つから成るのです。

新着情報

2016-10-19 投資と収益不動産が更新されました。
2016-02-10 マンションの購入をが更新されました。
2015-09-14 月極駐車場の使い方が更新されました。
2015-06-19 マンションの面積が更新されました。
2015-03-02 一戸建て購入することが更新されました。

不動産についての情報


過去の情報一覧